『マフィア III』劇的な海外発売トレイラー!この街を牛耳るのはお前だ

Hanger 13が開発しているシリーズ最新作『マフィア III』。海外リリースを10月7日に控えた本作の海外向けローンチトレイラーが公開されました。

過去、様々な映像が公開され、先日もゲームプレイトレイラーが披露されたばかりの『マフィア III』。今回公開されたローンチトレイラーでは、今までのように今作の概要を紹介するものではなく、主人公リンカーンが新たな仲間と合流しながら、ニューボルドーの街を蹂躙していく劇的な内容になっています。

 

サル・マルカーノとそのファミリーへの復讐がいよいよ始まる『マフィア III』は、PS4/Xbox One/PCを対象に、海外で10月7日、国内では10月27日発売予定です。

ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

Steam Greenlightに『Genius! NAZI-GIRL GoePPels-Chan』というゲームタイトルが登場しています。

『Genius! NAZI-GIRL GoePPels-Chan』は、ナチス・ドイツの広報を担当している14歳の天才少女「ゲッペルス」ちゃんが暗躍するというアドベンチャーゲームです。監督は眠田直(みんだ なお)氏で、日本国内では『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』というタイトルで展開しています。

 

日本向けには第3話まで制作されており、ラジオ放送を巡りフランスと対決する第1話、プロパガンダアニメでアメリカと対決する第2話が配信中。そして第3話「ナチスUFO編」が2017年2月に発売予定となっています。今回は本作が英語字幕に対応し、ユーザーからの支持によってSteam上での配信が行われるSteam Greenlightに登録されました。

『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』は好戦的なゲームではなく、いかに世界大戦を回避するかというゲームになっています。また、チャップリンの映画「独裁者」を意識しているとのこと。

記事提供元: インサイド

PS4 Proによる『Horizon Zero Dawn』4Kプレイ映像が海外向けに公開

日本時間9月8日未明にアメリカ・ニューヨークで開催されたPlayStation Meeting。そのイベント内でも触れられた『Horizon Zero Dawn』のPS4 Proによる4Kプレイ動画が海外向けに公開されました。

主人公「アーロイ」が熟練ハンターならではのアクションを披露するこの映像。その挙動もさることながら、フィールドのライティング、植物の描写などは目を見張るものがあります。

『Horizon Zero Dawn』は国内では2017年発売予定。PS4 Proは2016年11月10日に44,980円(税抜)に発売予定です。

カタナアクションも披露する『Hard Reset Redux』16分プレイ映像!

Gambitious Digital EntertainmentとFlying Wild Hogは、2011年に発売されたシングルプレイヤーFPS『Hard Reset』の新世代版、『Hard Reset Redux』のゲームプレイ映像を公開しました。サイバーパンク世界を舞台にした本作、16分に及ぶ映像では強化されたビジュアルに加えて、サイバーカタナやダッシュ移動など、様々な追加要素が披露されています。

新たな敵や敵配置といったバランス調整も行われている『Hard Reset Redux』は、PC/PS4/Xbox Oneを対象に6月3日海外リリース予定です。

『Homefront: The Revolution』海外ローンチトレイラー!オープンワールド駆け巡れ

 

Dambuster Studiosが開発したFPSシリーズ最新作『Homefront: The Revolution』の海外向けローンチトレイラーが本作公式YouTubeチャンネルより公開されました。2011年に発売された前作(開発元はKaos Studios)とは異なり、オープンワールド化した本作。映像では、海外メディアのレビュー文を一部引用しながら、バイクの運転や、高低差のあるゲームプレイ、レジスタンスという設定を活かした待ち伏せなどのゲームシーンが数多く映されています。

『Homefront: The Revolution』は海外でPS4/Xbox One/PCを対象に5月17日、国内ではPS4/Xbox Oneを対象に5月19日発売予定です。

複数企業がLionhead Studios買収を検討、英Kotaku曰く「有名パブリッシャー」も打診

英国Kotakuより、Lionhead Studiosが複数企業より買収案を持ちかけられているとの噂が報じられています。同メディアは秘密保持契約に基づきながら買収の可能性がある社名を明かさなかったものの、その中には大規模なビデオゲームパブリッシャーも含まれているともコメントしています。

英国Kotakuが報じるところによれば、Lionhead Studiosの買収を検討していたとある企業は『Fableフランチャイズの存在を理由として決行を見送っていたとのこと。『Fable Legends』に関しては今年4月、Microsoft側からの開発プラン継続案が噂として伝えられていました。現在までに公式的な続報は届いておらず、今後の展開が待たれる状況です。